自己評価を上げる方法(3)買物・料理・格闘技

競わない趣味で自己評価を守る

自己評価を上げる方法のつづき。

 

自己評価が低い人が、自己評価を上げるためには、スポーツのチームや趣味のサークルなどに所属できると都合が良い。

 

というのもチームやサークルに所属できれば、社会的な認知を受けたとして、それだけで自己評価が上がるのだ。

 

そして一人では挑戦出来ないことも、チームやサークルに所属すれば、挑戦しやすくなるし、失敗してもダメージは小さくなる

 

自己評価が低い人は、失敗するのがとにかく嫌なので、責任の所在がハッキリすることは避ける。

 

自分一人で責任を負いたくないから、同じような失敗をしてくれる人が、身近にたくさんいる環境の方が安心出来る。

 

なので自分と同じくらいのスキルで組んだチームや、勝敗を重視しないようなサークル活動なら、自己評価をさげずにできる。

 

何かを学ぶのであれば高いレベルの方が良い。

 

しかし自己評価を上げる目的であれば、失敗はとがめられにくく、ちょっと頑張れば報われる方が良い。

 

一方、チームやサークルに所属することは、自己評価を上げるのに都合が良いが、集団行動が苦手な人にとっては、苦痛以上の何物でもなかったりする。

 

となると、別の方法で自己評価を上げねばならない。

 

自己評価を上げるには、「他人からほめられる」というのが一番良いが、「自分を自分でほめる」と言う方法もある。

 

これは「自己承認」と言って、自己肯定の方法の一つだ。

 



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI

特別な買い物と特別な持ち物、料理と格闘技

自己評価を高める方法で、一人でもできることが色々ある。

 

一つ目は「買い物」だ。

 

買い物をすることは、自己評価を高める一つの手段で、「特別な持ち物」は自己評価を高める。

 

たとえば、何十万円も出さないと買えないような高級品は、普通の人には買えないものだから、買うと自己評価が上がる。

 

また奇抜なファッションをする人は、他人が買わないような服を平気で買うが、「他人には着ることができない特別な服」であるから、自己評価が上がる。

 

もちろん奇抜なファッションは、他人からどういう評価をされるかわからないが、注目されることだけは確かだ。

 

こういう「特別な買い物」は、心理的な欲望を反映している。

 

たとえば失敗して落ち込んだとき、余計なモノをついつい買いやすい

 

これは自信が揺らいだあと、心に空いた穴を埋め、自信を持つための行動らしい。

 

またその「特別な持ち物」を他人に見せびらかして、自己評価を高めようとする場合もある。

 

変わったペットやどう猛なペットを飼ったりするのも、自己評価を維持するために有効らしい。

 

一方、料理や格闘技も自己評価を上げるという。

 

料理や格闘技ができる人というのは、自己評価が高い事が多い。

 

料理と格闘技の共通点はよく分からないが、どちらも同時並行的に、いろんな事をするという点では同じだろう。

 

料理をする人は、完成形の料理のイメージがあって、それに向かって材料を切ったり下ごしらえをする。

 

また複数のメニューを同時に作る場合もある。

 

こういうことができる人というのは、手順を考えたり組み替えたりすることができ、柔軟性が高いため、失敗しても落ち込みすぎず、自己評価が一定以下には下がらないらしい。

 


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話術・モテ会話 人気教材ランキング




トップへ戻る