人の性格を知るには?

人の性格を知るには?記事一覧

より良い人生を送る為に必要なのが、モノの善し悪しを見分ける技術だ。モノの善し悪しを見分けられれば、それだけムダな努力が減り、お金や時間という貴重な人生資源の無駄遣いが減るから人生が良好なモノになるはず。そしてモノの善し悪しを見分ける技術にも色々あるわけだが特に重要なのが他人を見分ける知識や能力だ。たとえば目の前にいる人が、普通に約束を守る人かどうか、それが分かるだけでも人付き合いは変わるだろう。目...

より良い人生を送る為に必要なのが、モノの善し悪しを見分ける技術だ。我々が生きているのは人間社会には、得体の知れない人間がウヨウヨ存在するから問題人間とまともに関わると、それだけで人生がおかしくなる。たとえば大抵の人間にとって、一番身近な人間は親であるが、親がまともであるとは限らない。親が言うことが正しいと思ってそれに従ったらひどい目に遭わされる…ってことはよくある。特に「あなたのためを思って…」と...

世の中には、訳が分からない人間が山ほどいる。だから目の前にいる人間がどういう人なのか、それを知るだけでも大きな失敗をせずに済む。近づいてはいけない人間だとわかったら、さっさと逃げる算段を始めないといけない。世の中には、見えない包丁を振り回しているようなそんな危険な人も山ほどいるんだから。たとえば何かの仕事を頼んだらこちらの要望をまるで理解せず、自分勝手にやって大失敗をしでかすヤツも多い。やって失敗...

世の中にウヨウヨいる見えない刃物を振り回す人間。こういう人間にまともに関わっていたら、自分の人生なんて無くなってしまう。なのでそう言う連中とは可能な限りつき合わない。うまく遠ざけておきたいところである。こういう人生や命まで左右しかねない人間を見分ける能力。これはどうしても身につけたいモノである。ところがこれがなかなか難しい。というのも系統立てられたモノがなかなか見あたらないからだ。たとえば心理学は...

人生において人を見分けるのは重要なファクターだろう。特に目の前にいる人間が、どのくらい危険なのか分かっているだけでも無駄な時間を過ごすことも減るし、イライラさせられたり磨り減ったりせずに済む。そういう問題となる人間を見分けるヒントとなるのが脳の「障害」というモノである。障害にも色々あるのだが、最初に知っておきたいのが社会的に問題となる性格、すなわち『人格障害』というヤツである。人格障害というのはパ...

人間を知るための障害研究。PsD(パーソナル・ディスオーダー)についてはかなり広範囲で理解が難しそうなので、少しずつ学んでいくことにする。その前に比較的分かりやすい発達障害や学習障害(難読・アスペルガー)について簡単に少しまとめておこう。まず発達障害というのは、ウィキペディア(発達障害)によると、先天的もしくは、幼児期に疾患や外傷の後遺症により、発達に影響を及ぼしているものを指す。対して機能不全家...

発達障害とは、遺伝や幼児期の病気・けが、あるいは家庭環境によって、たいていの子供に出来ることがうまく出来ない障害だ。発達障害というと、知的障害のように明らかに顔つきが違うという場合もあるが外見からは殆ど分からないことも多い。たとえば学習障害(難読症)などは、見た目も普通だし会話にも全く支障がないのだが文字の読み書きとなると途端にぎこちなくなったりする。脳のイメージングなどで分かったことだが、難読症...

ディスレクシア・難読症は、文字と発音の関係が上手く作れないという障害だった。人間の普通の能力としては、言葉を使うと言うことがあって、これは特にトレーニングせずとも生まれて育つ過程で言葉を聞き、それを使えるようになると言うことだ。しかし文字の読み書きは、勝手に出来るわけではない。これは練習して初めて出来るようになる能力で、いわば「努力によって人間が身につけた技術」である。だからディスレクシアは、努力...

アスペルガー症候群(AS:高機能自閉症)は広い意味での学習障害の一つだ。自閉症というのは「他人に心を開かない性格」という意味らしいが社会性や他者とのコミュニケーション能力に困難が生じる発達障害の一種だという。つまり他人と上手くやっていけない他人と上手くつきあえないってことだね。自閉症には「高機能自閉症」と「低機能自閉症」と言うのがあって、高機能の方をアスペルガー症候群、低機能の方をカナー症候群と呼...

トップへ戻る