自己愛だけ強いと、子供扱いされて、トラブルメーカーになる

自己愛だけ強いと、子供扱いされて、トラブルメーカーになる

自己愛評価だけでは、大人扱いされない

自己評価は、2つの要件で決まる。

 

それは「自分は愛されている」という実感と、「自分には能力がある」という評価だ。

 

自分は愛されている→自分は一人前。

 

自分には能力がある→自分は一人前。

 

こういう風に考えるらしい。

 

ところが自己愛評価と自己肯定は、別の基準であって、バランスが難しい。

 

そしてこの二つのギャップが大きい人には、周囲の者も扱いをケースバイケースで考えるようになる。

 

たとえば、自己愛評価が高くて人なつっこくても、客観的な能力がないと、子供扱いされる。

 

というのも集団や組織、ビジネスの根幹に関わる話に、客観的な能力がない人間を混ぜると、組織やビジネスがグチャグチャになりかねない。

 

こういうタイプの人は、人付き合いが得意だが、口が軽いから、重要な秘密は流出させるし、責任感がないことも多いから、失敗しても尻ぬぐいは他人がすることになる。

 

なので愛されキャラやムードメーカーは、周りからチヤホヤはされるが、重要な仕事は任せてもらえない

 

いくら周囲から愛されていても、能力を評価されていなければ、重要な仕事や会議には混ぜてもらえない。

 

愛される存在であると言うことと、仕事ができると言うことは、全く別の評価だということだ。

 

家庭でも、大人の話に子供は混ぜてもらえないが、そういう感じで子供扱いされてしまう。

 



自己愛だけ強い人は、トラブルメーカーになる

自己愛評価が高く、恋愛や対人関係の自信があっても、知識や能力が足りない人は子供扱いされる

 

重要なポストや仕事は任せてもらえず、重要な会議には参加させてもらえない。

 

というのもそういうことを許すと、大きなトラブルの元だからである。

 

しかし、自分は愛されている=自分は一人前と考えている人は、この扱いに不満を抱く。

 

なまじ愛されているという実感があるため、「これは絶対おかしい、不当だ」と思うらしい。

 

そして自分も責任ある仕事を任せられたり、重要な会議に参加してもいいはずだと主張する。

 

しかしそれを訴えるだけの実績もないし、論理的な主張をする能力もないので、キレたり喚いたり暴れ出したりもする。

 

場合によっては責任者や偉い人に、得意の「人を動かす技」を使って、自分が参加できるように、特別な計らいをしてもらおうとする

 

しかしそうして会議やプロジェクトに参加しても、能力も足りなければ責任感もない。

 

会議に参加しても理解力は足りないし、何が重要なのかも分からない。

 

そのため、平気で重要な秘密を漏らしたり、勘違い発言で社内を混乱させたりする。

 

たとえプロジェクトを任されたとしても、責任感がないので納期を守らなかったり、大きな失敗をしでかしてしまう。

 

そして失敗の収拾のために、余分な人手やコストがかかってしまう。

 

要するにトラブルメーカーってことだな。

 


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加