回避性PsD 親の強迫観念のせいで、失敗を怖れ挑戦すら出来ない人々

回避性PsD 親の強迫観念のせいで、失敗を怖れ挑戦すら出来ない人々

回避性パーソナリティ障害とは怖がって挑戦すら出来ない人

回避性パーソナリティ障害(Avoidant Personality Disorder:APD)とは、周囲から低評価を受けることを怖れて、挑戦すらしようとしないタイプのPsDだ。

 

原因はハッキリしないが、親の虐待や非難、友人からのイジメなどを経験している患者が多く、「何にもしなければ何にも辛い思いをせずにすむ」と言う風に行動にブレーキがかかるらしい。

 

ウィキペディアの記述によると、笑われること、恥をかくこと、排除されること、嫌われることを怖がり、そのために、社会的な交流を避けようとする傾向をもつ。

 

…とある。

 

「回避性」(かいひせい)というのはリスクを避ける傾向があるという意味だが、不安に焦点を当てた「不安パーソナリティ障害」という別名もある。

 

回避性パーソナリティ障害 判断の目安(4つ以上該当)
  • 非難、反対意見、排除を怖れるあまり、人との接触の多い職業活動を避けようとする
  • 自分が好かれていると確信しないかぎり、人との交流をもとうとしない
  • 自尊感情が非常に低く、恥をかいたり、笑われたり、排除されたりすることを怖れるあまり、親密な関係づくりを控えようとする
  • 社会的状況のもとでは、「非難されはしないか」「排除されはしないか」という心配にいつも心を奪われている
  • 「自分なんかは(相手に)ふさわしくない」との思いから、人との出会いにおいても交流を控えてしまう
  • 自分は社会人として不適格である、魅力に欠ける人間である、他の人よりも劣っている、などと考えている
  • 新しく何かを始めることは「恥ずかしい思いをしてしまうかもしれない」ので、そのようなリスクを取ることを極端に嫌がる


回避性パーソナリティ障害の人は甘えているだけ?

回避性パーソナリティ障害は、人との触れあいを欲しながらも、様々なトラウマによって、挑戦すら怖れるタイプだ。

 

パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するかでは、人生の選択を親が勝手に決めていて、自分の意見を通せなかった歴史を持つ…とある。

 

子供が挑戦したい盛りの時期に、親がそれを強制的に止めさせたり、ひどく叱ったりすることが続くとこうなるらしい。

 

回避性PsDの親や保護者はたいていの場合、「〜すべきだ」「〜できてあたりまえだ」という強迫観念を持っていて、それを子供に強いるらしい。

 

そういうことが何年も続くと回避性PsDになるのだと言う。

 

そうなると子供にとっては「常に失敗する自分」が当たり前になり、何にもやる気が起こらなくなってしまう。

 

そうして失敗するよりやらないことを選ぶようになるので、最悪、引きこもりになってしまう。

 

しかし回避性PsDの人でも、引きこもっておれないような状況があれば、結構頑張って生きていけるらしい。

 

なので常日頃から余分なモノは与えず、ハングリーな状態を作る必要がある。

 

たとえば子供が引きこもっていても、食事を部屋に持っていってはいけないという。

 

台所まで行かないと食べられないようにしないといけない。

 

本人が辞めたいと言うことはやめさせればよいし、やりたいと言えばやらせないといけない。

 

本人が選択したことなら、失敗しても容認して、次のチャレンジに向かうようにし向けないといけない。

 

これはちゃんとした普通の親御さんがやってることだけれど、回避性PsDの子供を持つ親は、それを意識してやる必要があるわけだ。

 

でないと回避性PsDは、40代になっても50代になっても続くことがある。

 

「のんびりやる」「好きなことをやる」が最大の薬だそうだ。

 

NEXT:依存性PsD 新興宗教や暴力男に全てを捧げてしまう決められない女性たち


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

パーソナリティ障害とは、周囲の者を困らせる『強すぎる個性』のこと
大の大人が、大騒ぎして周囲の者を困らせて欲しい物を得ようとする理由
一口にパーソナリティ障害と言っても色々ある。PsDの10タイプ
演技性PsD 虚言と演技で周囲を翻弄するヒステリックな女性たち
自己愛性PsD 私は選ばれた人間で特別扱いされるべきだと考えている人々
自己愛性PsDII 雑用が出来ず生活能力がない、上司に持つと最悪な性格
反社会性PsD ウソと暴力で女性をだまし、危険を楽しむ男たち
ボーダーラインPsD 衝動的に自分を壊したくなる愛に飢えた人々
ボーダーラインPsDII 親身になって話をきくと、かえってひどくなる
妄想性PsD 人は必ず自分を裏切る。だから常に監視し、力で従わせる
妄想性PsDII 『自分はいつも正しく他人はいつも自分を騙そうとしている』
妄想性PsDIII 無理難題をふっかけてくる独裁者病。怒りと復讐が元気の源
スキゾタイパルPsD 常に奇妙なことを考え、行動や服装もおかしい人
スキゾタイパルPsDII 周囲の雑音がみんな自分の話のように聞こえてしまう
スキゾイドPsD 人生を諦めさせられ醜い争いや肉体接触から距離を置く人々
依存性PsD 新興宗教や暴力男に全てを捧げてしまう決められない女性たち
依存性PsDII 命令してもらわないと動けない、他人にカモにされる人々
強迫性PsD 教科書通り・計画通りにしか行動できない、融通が利かない人々
強迫性PsDII 真面目なんかじゃない。ただ失敗が怖くて頑固 ケチ 完璧主義
強迫性PsDIII コスト・パフォーマンス無視で無駄遣い。子育てにも影響大