強迫性PsDII 真面目なんかじゃない。ただ失敗が怖くて頑固 ケチ 完璧主義

強迫性PsDII 真面目なんかじゃない。ただ失敗が怖くて頑固 ケチ 完璧主義

強迫性PsDの原因は「変化に対応できない」という自覚

強迫性パーソナリティ障害とは、頑固で、ケチで、完全主義で秩序やルールに従順な、融通が利かない性格だ。

 

「〜すべきだ」「〜できて当然だ」と考え、仕事は完璧でなければ気が済まない。

 

完璧にできないと全くの無価値だと考え、途中でやるのを放棄してしまうようなこともある。

 

また教科書通り・ガイドブック通りに行動したり、自分が立てたプラン通りに行動することを最重要視して、そこから逸れることが不快であったり腹が立つ。

 

強迫性PsDの人は、結果がどうあろうとも手順通り行うことに固執するわけだが、その大きな原因は「変化に対応できない」という事らしい。

 

予定外の行動に対して対応できずに失敗するのが不安なので、あらかじめ決めた範囲のことしか絶対しない。

 

だから「頑固」と呼ばれる。

 

また何が起こるか分からない将来が不安なので自分の金を極力使わないから「ケチ」と呼ばれる。

 

さらに些細なミスが原因で大失敗するのが不安なので、本当に些細な部分まで完璧を期すから「完璧主義」。

 

最後に自分の眼力や決断に自信が持てないので、秩序や常識という外部の基準に沿ってしか判断できず、秩序や常識に従順というわけだ。

 



強迫性PsDの人は、人生を苦行にしてしまう。

強迫性パーソナリティ障害の人は、一見真面目で誠実そうに見えるが、実は真面目でも誠実でもない。

 

彼らは失敗することが非常に怖い。

 

そしてさらに変化に対応できないもんだから、変化に対応できずに大失敗しないように、型通りやってお茶を濁しているだけなのだ。

 

変化に対応できないのなら、あらゆる可能性を考えて、変化に対応できるように経験を積めばよい。

 

変化に対応できずに失敗してしまったら、いったんそこで諦めて謝ったり、やり方を変えればよい。

 

ところがそんな努力や諦めや方向転換ができないのが強迫性PsDの人ってことらしい。

 

なので強迫性PsDの人は、一生懸命、真面目に生きているつもりでも、時代が変わったり環境が変わると全く付いていけない。

 

いらなくなったモノが捨てられず、環境の変化も拒む。

 

引っ越ししたり、窓の外の様子が変わっただけで、うつ病になるような場合もあるという。

 

「及第点を取ること」や「そこそこ満足できる結果を出すこと」に焦点を合わせて生きていないので、どうやれば及第点や満足が得られるのかわからない。

 

そしてなぜか「努力は必ず報われる」という信念を持っており、努力が報われなかった場合に大きなストレスを感じる。

 

強迫性PsDの人は、何事も努力と意志で乗り越えられると考えているふしがあって、努力が通用しないようなことでも、努力が足りないと考えてしまうようなのだ。

 

頑張ってもそれに見合った成果がでなければ、散財でもして、ふて寝でもすれば良さそうな物なのだが、それができずにストレスを抱えて行き詰まるわけだ。

 

NEXT:強迫性PsDIII コスト・パフォーマンス無視で無駄遣い。

 

子育てにも影響大


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

パーソナリティ障害とは、周囲の者を困らせる『強すぎる個性』のこと
大の大人が、大騒ぎして周囲の者を困らせて欲しい物を得ようとする理由
一口にパーソナリティ障害と言っても色々ある。PsDの10タイプ
演技性PsD 虚言と演技で周囲を翻弄するヒステリックな女性たち
自己愛性PsD 私は選ばれた人間で特別扱いされるべきだと考えている人々
自己愛性PsDII 雑用が出来ず生活能力がない、上司に持つと最悪な性格
反社会性PsD ウソと暴力で女性をだまし、危険を楽しむ男たち
ボーダーラインPsD 衝動的に自分を壊したくなる愛に飢えた人々
ボーダーラインPsDII 親身になって話をきくと、かえってひどくなる
妄想性PsD 人は必ず自分を裏切る。だから常に監視し、力で従わせる
妄想性PsDII 『自分はいつも正しく他人はいつも自分を騙そうとしている』
妄想性PsDIII 無理難題をふっかけてくる独裁者病。怒りと復讐が元気の源
スキゾタイパルPsD 常に奇妙なことを考え、行動や服装もおかしい人
スキゾタイパルPsDII 周囲の雑音がみんな自分の話のように聞こえてしまう
スキゾイドPsD 人生を諦めさせられ醜い争いや肉体接触から距離を置く人々
回避性PsD 親の強迫観念のせいで、失敗を怖れ挑戦すら出来ない人々
依存性PsD 新興宗教や暴力男に全てを捧げてしまう決められない女性たち
依存性PsDII 命令してもらわないと動けない、他人にカモにされる人々
強迫性PsD 教科書通り・計画通りにしか行動できない、融通が利かない人々
強迫性PsDIII コスト・パフォーマンス無視で無駄遣い。子育てにも影響大