大の大人が、大騒ぎして周囲の者を困らせて欲しい物を得ようとする理由

大の大人が、大騒ぎして周囲の者を困らせて欲しい物を得ようとする理由

PsDの人は大騒ぎして欲しい物を得ようとする

パーソナリティ障害(PsD)の人は、子供っぽい行動で人の目を引こうとするという。

 

お菓子や玩具などを買ってもらおうとして駄々をこねたり暴れたりする子供のように、周囲の者を困らせて欲しい物をもらおうとする。

 

それがPsDの大きな特徴だと言うことらしい。

 

どうやらPsDの人は子供時代の問題が解決されずに、そのまま成長してしまったということらしい。

 

なので他人にして欲しいことがあったときに、自分の望みを叶える手段がよく分からず、子供がやるような行動で他人の気を引いて、周囲の者を困らせて欲しい物を得ようとするわけだ。

 

たとえば生後1年間の間に、母親にきちんと抱っこしてもらえなかった子供は、感情表現が苦手になり、無表情になったり、逆に大げさになったりするんだという。

 

乳幼児というのは、脳があまり発達していないので、皮膚感覚でしか物事を判断できない。

 

なので不安になると皮膚感覚を求める。

 

オッパイが欲しい、手をつないで欲しい、抱っこして欲しい…こういう根元的な欲求に親が応えてくれない場合、子供が取れる行動は「あきらめる」か「泣きわめく」かしかない。

 

前者の場合が「無表情」につながり、後者の場合は大騒ぎして親を困らせて、欲しい物を手に入れようとする行動になる。

 

それが大人になってもずっと続いているのがPsDで、だから彼らは欲しい物があれば大騒ぎして、親の代わりに周囲の者を困らせるわけだ。

 



パーソナリティ障害の主因は、親の育てかた。

パーソナリティ障害PsDというのは、子供の頃の育てられ方に大きな原因がある。

 

双子を対象にした研究によると、遺伝的素養が大きいタイプもあるが、そのタイプでも遺伝的要素は5割程度で、育った環境による影響がかなり大きいという。

 

特に幼児の間の虐待や育児放棄が、子供の成長の大きな妨げになり、様々なタイプのPsDにつながるという。

 

たとえば生後1年くらいの間に、しっかりと母親に抱っこしてもらえなかった子供は、無表情になったり大げさになったりする。

 

これは欲しい物があるとき、母親にちゃんとねだっても手に入らないもんだから、諦めたり逆に大騒ぎして手に入れようとするわけだ。

 

さらに一歳半から三歳くらいの間には、何でもかんでもやってみたい、何でもかんでも「やだ」と言いたくなる。

 

いわゆる「2歳児イヤイヤ期」というやつだが、この時期に母親を自分とは別の、1人の人間として認知するようになる。

 

これ以前の幼児の目には、自分の欲求を満たしてくれる母親は「良い人」、満たしてくれない母親は「悪い人」と見えていて、簡単に言うと、良い母親と悪い母親の2人の母親に育てられていると思っているわけだ。

 

そしてここから母親が二人いるのではなくて、1人の母親が「気分が良かったり悪かったりする時がある」ということが分かり始めていくのだという。

 

ところがそれを知らないで子供に接していると、あまりにも子供が反抗的なもんだから、猛烈に叱ったり、猛烈に機嫌を取ったりしてしまう。

 

そうなると、親と子供に上下関係が出来てしまって、対等な関係というのが築けなくなってしまう。

 

それがさらに他人との関係にも及び、大人になって対人関係で困るわけだ。

 

NEXT:第一次反抗期に、やりたいことはやらせてもらえなかった子供の末路とは?


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

パーソナリティ障害とは、周囲の者を困らせる『強すぎる個性』のこと
一口にパーソナリティ障害と言っても色々ある。PsDの10タイプ
演技性PsD 虚言と演技で周囲を翻弄するヒステリックな女性たち
自己愛性PsD 私は選ばれた人間で特別扱いされるべきだと考えている人々
自己愛性PsDII 雑用が出来ず生活能力がない、上司に持つと最悪な性格
反社会性PsD ウソと暴力で女性をだまし、危険を楽しむ男たち
ボーダーラインPsD 衝動的に自分を壊したくなる愛に飢えた人々
ボーダーラインPsDII 親身になって話をきくと、かえってひどくなる
妄想性PsD 人は必ず自分を裏切る。だから常に監視し、力で従わせる
妄想性PsDII 『自分はいつも正しく他人はいつも自分を騙そうとしている』
妄想性PsDIII 無理難題をふっかけてくる独裁者病。怒りと復讐が元気の源
スキゾタイパルPsD 常に奇妙なことを考え、行動や服装もおかしい人
スキゾタイパルPsDII 周囲の雑音がみんな自分の話のように聞こえてしまう
スキゾイドPsD 人生を諦めさせられ醜い争いや肉体接触から距離を置く人々
回避性PsD 親の強迫観念のせいで、失敗を怖れ挑戦すら出来ない人々
依存性PsD 新興宗教や暴力男に全てを捧げてしまう決められない女性たち
依存性PsDII 命令してもらわないと動けない、他人にカモにされる人々
強迫性PsD 教科書通り・計画通りにしか行動できない、融通が利かない人々
強迫性PsDII 真面目なんかじゃない。ただ失敗が怖くて頑固 ケチ 完璧主義
強迫性PsDIII コスト・パフォーマンス無視で無駄遣い。子育てにも影響大