自己愛性PsD 私は選ばれた人間で特別扱いされるべきだと考えている人々

自己愛性PsD 私は選ばれた人間で特別扱いされるべきだと考えている人々

特別扱いしないと機嫌が悪くなる人々

人間理解のためのパーソナリティ障害学習。

 

次は『自己愛性パーソナリティ障害」だ。

 

自己愛性PsDとは、自分が特別な存在であり、自分が特別扱いされるべき人間だと考える人々だ。

 

存在比率は人口の1%程度で、男女比は、男性の方が多少多く、年配者が目立つ。

 

自己愛性PsDの人は、「自分は特別なのだ」という言動が目立ち、自分を褒め称えてくれる取り巻きを求める。

 

「天才」とか「一流」という言葉が好きで、もったいぶった口調で話したり、豪華で華やかな服を着て大物ぶる。

 

有名人を自分の親友のように話したり、ステータスの高い人に近づいて、それを自慢したりする。

 

「自分は特別扱いされるべき人間だ」と思いこむような人並み外れた才能を持っている場合も多いが、しかし単に親が自慢できる人だったり、資産家の家庭に生まれただけのこともある。

 

彼らがなぜそう言う風に振る舞うのかというと、優れた才能を持っていたとしても実は生活能力がなく、自分の世話をしてくれる者に依存しているかららしい。

 

つまり自己愛性PsDの人は、自分の世話をしてくれる人間が周囲にいて、しかも自分を褒め称えてくれないと生きていけない。

 

自分は選ばれた人間だから、面倒くさいことは他人がやるべきで、自分は得意なことだけをやっておればよいという考えらしい。

 

なので自分を褒め称えてくれる人間と、自分の代わりに面倒なことをやってくれる人にしか興味が無く、それ以外の人間とはつき合いたくもないらしい。

 



傲慢、尊大、他人に対して妥協を許さない

他人に対して傲慢、尊大、妥協を許さない振る舞いをするのが自己愛性パーソナリティ障害の特徴だ。

 

自分が天才であり一流である存在で、特別扱いされるべきだという体裁で生きているので、自分を褒め称えてくれる人間と自分の世話をしてくれる人間以外は敵である。

 

自己愛性PsDの人は他人に教えられるのが嫌いで、特に他人に新米扱いされたり、叱られたりすることには耐えられない。

 

苦痛には極端なまでに耐えられず、些細なことでも欠点を指摘されると、猛烈に怒り出し激しく反論し始める。

 

パーソナリティ障害の人の多くは、自分の持っている自分のイメージを命がけで守ろうとすることが多い。

 

だから下手に彼らの自己イメージを否定するようなことをすると、暴れたり奇声を発したり、常軌を逸した行動に出て、ひどい目に遭わされるので注意が必要だ。

 

また自分自身が特別でないことは、自分自身でも薄々気が付いている。

 

なので自分の自己イメージが否定されると、尋常でないくらい落ち込んだり傷ついたりする。

 

自分に対するこだわりが強くて傷つきやすいのはパーソナリティ障害全般に見られる特徴だが、自己愛性PsDの場合は、ウツになったり引きこもりになりやすい。

 

というのも彼らの場合は生活能力があまりないので、「自分は特別で偉い」というイメージが崩れると、「自分は何にも出来ないダメ人間だ」と言う風に、極端に自分への評価が下がってしまうからだ。

 

なので自分の自己イメージを守るために、弱い者イジメに走りやすい。

 

自分より弱いモノに対して、強制わいせつ、ストーキング、ドメスティック・バイオレンス(DV)、セクハラなどをしてしまうこともある。

 

彼らは孤立していて他人との共感性に乏しいので、特に罪悪感を持たずにイジメが出来てしまうのだ。

 

NEXT:自己愛性PsDII 雑用が出来ず生活能力がない、上司に持つと最悪な性格


スポンサードリンク

恋愛 コミュニケーション教材 人気ランキング

★第1位★悪用厳禁の人間心理の秘密新しい人間関係を引き寄せる方法

★第2位★好きな女性に声をかけ誘い出しデートをし告白するまでの流れを再現TRANS CONTROL法

★第3位★女性の本音を引き出す方法自然と恋人になる11の手法

★第4位★彼女のココロを遠隔操作する技術恋愛メール大百科

★第5位★テンプレ会話術〜女性に好かれる会話のテンプレート

★第6位★会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛モテ会話マスタープログラム

★第7位★奥手、コミュ障の男だからこそ出来る魔性の占いトークアビリティ

★第8位★【男女兼用】90日で達成!人に好かれる会話術

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

パーソナリティ障害とは、周囲の者を困らせる『強すぎる個性』のこと
大の大人が、大騒ぎして周囲の者を困らせて欲しい物を得ようとする理由
一口にパーソナリティ障害と言っても色々ある。PsDの10タイプ
演技性PsD 虚言と演技で周囲を翻弄するヒステリックな女性たち
自己愛性PsDII 雑用が出来ず生活能力がない、上司に持つと最悪な性格
反社会性PsD ウソと暴力で女性をだまし、危険を楽しむ男たち
ボーダーラインPsD 衝動的に自分を壊したくなる愛に飢えた人々
ボーダーラインPsDII 親身になって話をきくと、かえってひどくなる
妄想性PsD 人は必ず自分を裏切る。だから常に監視し、力で従わせる
妄想性PsDII 『自分はいつも正しく他人はいつも自分を騙そうとしている』
妄想性PsDIII 無理難題をふっかけてくる独裁者病。怒りと復讐が元気の源
スキゾタイパルPsD 常に奇妙なことを考え、行動や服装もおかしい人
スキゾタイパルPsDII 周囲の雑音がみんな自分の話のように聞こえてしまう
スキゾイドPsD 人生を諦めさせられ醜い争いや肉体接触から距離を置く人々
回避性PsD 親の強迫観念のせいで、失敗を怖れ挑戦すら出来ない人々
依存性PsD 新興宗教や暴力男に全てを捧げてしまう決められない女性たち
依存性PsDII 命令してもらわないと動けない、他人にカモにされる人々
強迫性PsD 教科書通り・計画通りにしか行動できない、融通が利かない人々
強迫性PsDII 真面目なんかじゃない。ただ失敗が怖くて頑固 ケチ 完璧主義
強迫性PsDIII コスト・パフォーマンス無視で無駄遣い。子育てにも影響大