過保護と過干渉、過保護と過許可

子供をコントロールしようとする親は、自己評価が低い

自己肯定力は、経験によって培われる。

 

自己肯定力は、トライ&エラー、つまり挑戦と失敗が多ければ多いほど、経験値が貯まるため高まるらしい。

 

逆に言うと、子供の頃、自分で決めさせてもらえず、自分で決めるようにしつけられないと、自己肯定力が弱い人間になる。

 

これがつまり「過保護」「過干渉」の問題ってことだ。

 

まず過保護な親は、心配性だったり恐がりだったりすると言う。

 

過保護な親は、子供を危険な目に遭わせないよう、簡単なことでも子供の替わりに親がやってしまう。

 

面倒くさがりの親は、子供にやらせるより、親がやった方が早いので、ついやってしまう場合もある、その結果、子供は成功したり失敗したりという、経験を積むチャンスを失ってしまう。

 

一方、子供に対して口うるさい親は、子供のチャレンジ精神を潰して、自己肯定力を弱くする。

 

これが「過干渉」ということだが、過干渉の親というのは、自己評価が低いか、自己評価は高いが不安定な親だという。

 

彼らは子供を細かくコントロールすることで、自分の自尊心を保とうとしているのだ。

 

子供を自分に従わせることができると、自分に何らかのリーダーシップがあると感じられ、自己評価が高まるのだ。

 

つまり自己評価が低い親や、自己評価は高いが不安定な親は、子供に言うことをきかせることで、自己評価を高く保とうとするわけだ。

 

ところがそれは逆に、従わせられた子供や家族の自己評価を下げることになる。

 



★口臭の悩みはこれで解決!歯医者さんで続々採用!
IKIREI

過保護と過許可の組み合わせは最悪

過保護や過干渉は、子供が自分で挑戦し、成功したり失敗するという経験を積む貴重なチャンスを奪う。

 

そのため、子供の自己肯定力が、うまく育たない危険性が高い。

 

自己肯定力が弱いと、自分のやりたいことが優先できないため、自分の望まぬ人生を送る可能性が高くなる。

 

もちろん、逆の「過許可」も危険が高い。

 

過許可(かきょか)というのは、何でも子供の言うことをきいてしまうことで、子供をわがままにする原因になる。

 

特に過保護と過許可が揃うと最悪だ。

 

「面倒なことは親がやってくれる」(過保護)「やりたいことは親が許してくれる」(過許可)ということだから、面倒なことは一切やらず、自分のやりたいことだけやる人間になる。

 

そして自分の望みが叶わないと、暴れたりキレたり、泣いたりすることで、自分の要望を通そうとする。

 

こういうタイプの子供というのは、勉強ができないことが多い。

 

というのも自分の欲望をコントロールしたり、我慢したりするのは、脳の前頭葉で行われる。

 

前頭葉は新しいことを理解したり、比較を行ったり、抽象的な思考をするところなので、我慢ができない子供というのは、「前頭葉が働いていない」。

 

なのでこういうタイプの子供というのは、抽象的思考ができず、文章題ができない場合が多い。

 

基本的な読み書きの訓練が足りておらず、比較や単位を使えないことも多い。

 

またこういう子供は何でも自分の望みが叶うので、自己肯定力が強くて、自己評価が高い。

 

ただし自己評価は高いが能力は低いので、厄介者やトラブルメーカーになりやすい

 


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話術・モテ会話 人気教材ランキング




トップへ戻る